フコイダンを摂取することで期待できる効能について

フコイダンを摂取することで期待できる効能について

フコイダンの効果について

フコイダンとは、ワカメや昆布、もずくやめかぶ等の海藻類のぬめり成分の中に多く含まれていて、1913年にスウェーデンの科学者によって発見されました。このフコイダンは海藻にとってとても大切な成分で、海藻の砂利やゴミなどで傷ついてしまった部分を修復したり、干潮の時間になったときに乾燥を防ぐ働きをしています。特にもずくに多く含まれていることが分かっています。

このフコイダンは、本体を菌やウイルスから守ってくれる成分であり、様々な研究がされてきました。このフコイダンを人間が摂取することにより、免疫力の向上や血液が固まってしまうのを防いだり、中性脂肪の抑制、肝機能を向上させるなど、現代の人にとってはありがたい効能が科学的に証明されています。

中にはピロリ菌を減少させるという効果もあります。胃潰瘍の原因ともされているピロリ菌をフコイダンで減少させることができるのです。フコイダンの粘りの元である硫酸基が胃の機能を活発化させてくれるのです。胃に限らず、喉や腸などにも働きます。

ピックアップ

Copyright 2017 フコイダンを摂取することで期待できる効能について All Rights Reserved.